最近は休みの日になると「アカチャンホンポ」や「ベビーザらス」、「西松屋」といったお店にでかけます。結婚、妊娠、となると街を歩く妊婦さん、ベビーカーが急に意識してしまいます。この3店舗もどれも一緒かとおもいきや、全然違ったんですね。実際に体感したレポートと気付きをまとめてみました。

ベビーザらス

お台場のベビーザらスへ行ってきました。トイザらスと並列しているのでお子様たちがたくさん。ワイワイしています。

ベビーザらスの方もベビーカーやチャイルドシート、抱っこ紐などのコーナーが充実。割りと高級な感じです。

店員さんも丁寧に接客、案内してくれて分からないことをガイドしてくれます。これはとっても役立つし良い!

また、会員になるといろんな特典もあるようで、赤ちゃん用の石鹸やサンプル品が詰まった袋をもらえました。

ベビーザらス

ベビーザらス

西松屋

自分がまさかお世話になるとは・・という感じの西松屋。ここもお台場のお店。

全体的に昔のヨーカドーとかコモディイイダの2階(ローカルネタですみません)の匂いがします。言わば庶民感。落ち着きます(笑)

全体的にロープライスな感じで店員さんはうろついてないので、自分で選んで買う、買うものが決まってるなら安い西松屋、という感じでしょうか。

マタニティ系はデザインのセンスがちょっと古いですが、おむつなど消耗品などを買うのが良さそうです。

西松屋

西松屋

アカチャンホンポ

五反田のアカチャンホンポへ行ってきました。めちゃ広い~~~

こちらもベビーザらスと同じく会員登録するといろいろ特典があって、さらに嬉しいおみやげも頂きました。

全体的には価格設定はそこまで安くないですが、品数豊富で専門店ならではの細やかな配置、妊婦に嬉しい椅子で休憩できるコーナーなどが充実していました。

また、プライベートブランドでアカチャンホンポならではの商品もあり、3店舗の中では一番強烈な印象でした。

アカチャンホンポ

アカチャンホンポ

まだまだ勉強中

3店舗まわって、肌着や哺乳瓶など買いあさりましたが、どれをいつどこで買うのかまだまだ勉強中です。

初めての子なのでまずは母子ともに無事に産まれてくれるといいな~と祈ってます。

家事も積極的に手伝ってイクメンになりたいので、是非ご教授願いますm(_ _)m

3店舗を比較した気づき

どのお店もそれぞれ同じように見えて、全然違うマーケティング、ブランディングを展開しています。

ベビーザらスはトイザらスのイメージそのままに。西松屋やロープライスな展開。アカチャンホンポは家族でゆっくり楽しめる買い物空間になっていました。

入り口を会員でガッチリ抑えて、囲い込む戦略はベビーザらスとアカチャンホンポがとっても参考になります。

アカチャンホンポは登録後にさっそくDMが届き、キャンペーンの告知で来店を促したり、役立つコンテンツを情報誌で提供したりして、徹底している印象です。

とにかくまずは1回でも利用してもらう、1回でも利用したら、一度掴んだら離さない戦略でしっかりお客さんをキープ、独自商品、プライベートブランド、独自キャンペーン、子供に参加、親も参加、おじいちゃん・おばあちゃんも巻き込む、一歩進んでました。

ベビーザらスはスタッフの気遣いや対応、説明・解説がとにかく凄い丁寧でした。売り場に設置されたボタンを押すとスグに案内してくれます。

そして、メーカーが解説しているパンフレットでは分からないような具体的な実例や声に基づく話、スタッフの方自らの体験談まで教えてくださいました。

ちょっと高いけど、そういう点では他にない強みを感じます。

西松屋はやはり安さ。サービスやサポートより決まった商品を安く買うお店、というポジションに感じます。

どれか1つに絞るというより、3店舗の良さを活かした活用をしていきたいと思います。

無料エントリー&ダウンロード(社員10名以下の工務店・リフォーム会社経営者向け)