1401379_10202653116836087_987360239_o

田中啓之です。今日は美味しいお団子をFB友達の方が会社まで届けてくださりとっても嬉しい気分で仕事も捗っております。重ねて御礼申し上げますm(_ _)m

さて、楽天のニュースが話題となっております。楽天優勝~マー君凄い!感動した!セールだ!77%OFFだ!値上げして値下げってドユコト~
別に楽天に限らずどの商売でもあります。スーパーの半額セール、よく見るとお肉にグラム単価が高くなってから半額シールになってるお店、私は見逃しませんよ( ー`дー´)キリッ
実は、私も以前に楽天に出店していた時、楽天大学というところで勉強しました。

そこで学んだ事は今でも使えるテクニックは多いですが、楽天側はお店がたくさん売り上げるほど儲かるので、お店がいかに売上を高くできるかにフォーカスを当てて教えてくれました。
このように価格を釣り上げて下げろだなんて言いませんが、価格戦略のテクニック上ではこのような手法は「ある」のが事実です。
楽天のビジネスモデルはお店から売上の一部をマージンとして徴収する変わりに楽天という巨大なマーケットに入れる、システムが利用できる一見するととても良いシステムです。
楽天はお店を応援するほどWin-Winです。そのため、一生懸命にお店に「売上」を上げるためのサポートをしてくれます。

大事な視点を忘れていました。お客さんもWinでなくてはならないからです。そして、お店は売上があっても「利益」があって初めて得だという点です。

売上が100億あっても利益がマイナスなら、売上1万円で利益1000円なら後者の方が得、だということです。

しかし、そのお客さんに喜んで頂き利益を得るというという視点を忘れさせるほど「売上至上主義」にならざるを得ないサポートがたくさんあるわけです。
売上を上げるには楽天のメールや広告が有効ですよ~ということで楽天の集客システムを使うほど売上も上がり、楽天はダブルで儲かっちゃうのです。

楽天のビジネスモデルでは、楽天はお店が売上げアップして利益は楽天にマージンで抜かれて赤字でお店が潰れようが楽天は得です。
お店が悪質な商品・サービスを売りつけてお客さんが損しても楽天は得です。結局は「楽天以外の誰か」にしわ寄せが誰かに行く不平等な世界になってしまったのです。

しかし時代は変わりました。これからECという分野はよりリアルと融合し、革命が起きます。パソコンでネット通販でという時代は終焉します。
ありとあらゆるモノやコトがECとなり、時間と地域を飛び越えた未来が来ます。

その話は長くなりますので話を戻しますが、じゃあお前のところの建築業界はどうなんだよ?それこそ偽装やら胡散臭いのばっかだろ?
はい、我々建築業界でも価格の話をすれば、給湯器が70%OFF!業務用エアコンが85%OFF!なんてざらです。
なんでそんなに割引できるの?というお声があります。

新品で未開封でメーカー保証がついて正規ルートの商品であってもこのような大幅値引きが出来るには理由もあります。
まず、定価が高い!当たり前です。メーカー希望小売価格ってなんなのでしょうか?

定価設定はメーカーがしますので、操作できませんので楽天セールのような問題は物理的に不可能なのですが、
例えばタカラスタンダードでは定価がものすごく安いです。もうほかのメーカーと半額ぐらい。

例えばシステムキッチンですが、他のメーカーが100万円ぐらいで販売しているクラスが定価50万円だったりします。
定価が低いから質が悪いの?ということでもなく、他社の100万円のキッチン以上の品質だったりするのです。

100万円という他のメーカーのキッチンは仮に60%OFFで仕入ができるとして、50%OFFで販売したとします。50万円です。
タカラスタンダードは50万円が定価ですが仕入が20%OFFで仕入ができないため、10%OFFで販売したとします。45万円です。

一方では100万が50万で50万円も得した!一方で50万円の商品が45万円で5万円しか得じゃない。
しかし、仮に同じ商品だと仮定するならば、定価50万円を5万引いて45万円で買ったほうが得なのです。

このように、価格戦略というメーカー側の裁量次第で定価も高くなったり低くなっている以上、単純には比べられないのです。

今回の楽天のケースも同じような事です。価格は高くしてから安くすれば「お得感」が出ます。
その価格戦略とセールスのテクニックをつかったまでです。しかし、あまりにもやりすぎで悪質でした。お客さんからみたら「罠」です。
住宅やリフォームの工事、材料はまだしも人が動く工事費用についてはまだまだ不透明です。

いかようにも工事費を調整して不当に利益を出せる事が可能な一方で、下請けで指値でしわ寄せを喰らっている職人さんもいるわけです。
そして、それを判断する情報も不足している中で、日常の買い物ではない、非日常、一生に何度もない住まいの決断をする必要が施主さんにあるのです。
なので、これから住まい手である施主さんにはより正しい知識を学習頂き、煽り立てるセールスで決断しないようにご注意頂きたいと思います。

そして、我々作り手は施主さんにより正しい判断をして頂けるように情報を包み隠さず公開すべきだと思います。
あなたは悪人ですか?善人ですか?

実は、世の中には悪人か偽善者しかいない、という話を聞きました。
全員が悪いことをして生きている、否、生かされてるのが人間。
それを認める人が悪人であり、悪を認めない人は偽善者だと言うのです。

偽装でしたお詫び申し上げますという人は悪人です。誤表示でしたお詫び申し上げますって言う人は偽善者です。
私は悪人の方が偽善者より善人だと思います。

まとめると、今回の楽天セールの問題、偽装や誤表示問題で大切な気づきがあります。
それは、結果は結果であり、それをどう意味づけるかどうかという視点次第でいかようにも変化するという点です。

つまり、楽天セール問題も偽装・誤表示問題も消費者と提供者それぞれがどう意味づけるかで未来は変えられるということです。
お詫びして終わり、ポイントで問題をフタして終わりではなく、本質的にどうアレば良いのかという視点で見つめなおすチャンスだと思います。
さっそく、私もこの気付きをいかして、自社サービスの改善を今から実行、新しい路線を走らせます。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

追伸

あ、行き先が逆の電車に乗っちゃった(゚д゚)!そんな時はどうしますか?そうですね、一度電車を途中で下車すればいいのです。
正しい方面に乗り直すもよし、違う路線に乗り換えてもよし、ぶらり途中下車するのもよし。
一つだけ確実なのは、間違ったまま乗ってれば乗ってるほど目的地から遠ざかるという現実です。自分が行動しなければ何も変わらないということです。間違ったと思ったら降りましょう。簡単です。

GY116_L

 

無料エントリー&ダウンロード(社員10名以下の工務店・リフォーム会社経営者向け)