今回から始まる新連載﹁WEBで売る戦略﹂は、ホームページを持っていても、十分に活用していない経営者必見の企画だ。著者は自社グループにウェブ集客を中心としたリフォ ーム会社を持ち、そこで得た独自のインターネット活用法をリフォーム会社や工務店にノウハウ提供しているライブウェーブ代表の田中啓之氏だ。著者は断言する。「インターネットを活用することで利益が向上する」と。

  • インターネット集客は利益を生む
  • 割安なコストで大きな効果
  • 365日24時間働く”営業マン”

▼チラシ反響に陰り、案件獲得困難に

皆様はじめまして!ライブウェーブの田中ともうします。 これから実際に当社が全国のリフォーム会社で実証した「インターネット活用術」を お伝えしていきたいと思います。はじめに当社の事業についてお伝えします。 ライブウェーブでは、自社のグループ内で新築・リフォーム・不動産事業を展開しております。 そして、「ホームページ・SEO対策・案件紹介・仕入支援・ノウハウ」について、 実際に自社グループで実行しています。この「実証した成功法」を 日本全国のリフォーム店・工務店へも提供してきました。 私が実際に全国のセミナー活動の中で直接リフォーム店・工務店からの相談の中で インターネットに関する特に多いお悩みは「案件獲得」についてです。 地域によっても大きく異なりますが、昨今の「チラシ」の反響は率・数とも下がる一方であると 耳にします。新聞購読者率の減少、業界への不信感など原因は様々あるようですが、 ついに当社グループでも一昨年まで行っていたチラシを、ついに「0枚」にしました。 当社ではそれだけ「合わない」広告媒体に成り下がってしまったのです。 もちろん、当たるチラシもありますし、チラシで大きな集客を実現しているところもあります。 では、なぜ当社ではチラシを「0枚」にしたのか、それはチラシよりも確実にコストが安く、 そして大きな効果を得る、別の集客術を確立できたからにほかなりません。 それが、「インターネット」なのです。

▼「利用」ではなく「活用」が大切

第1回のテーマ「活用していますか?利益を向上させるインターネット」では、 まさに活用することで利益が向上するということをお伝えします。 インターネットは知っていますよね?利用していますよね? いかがでしょう。もし知っているし、利用しているならあなたは「活用」もできます。 まだ利用されていない方は今スグ利用してください。 全国のリフォーム店・工務店の皆様は「案件を獲得したい」と考えています。 しかし数多くの方がホームページを持っているにもかかわらず、ブロードバンド回線が 整備されているのにもかかわらず「活用していない」のです。 実は、当社ではチラシ「0枚」でも集客できるのか、売上が出せるのか、 そして利益が上がるのかを2007年の1年間、テストを結構しました。 そして確信したのです。 ズバリ!インターネットを活用することで「より低コスト」な運営ができ 「より売上が向上」し、結果「利益が向上する」ということを。 つまり、より多くの案件を獲得し、より多くの売上を出し、 そしてより低コストで運営するからこそ利益が増大したのです。

▼使い方次第で無限の可能性があるツール

では、インターネットというと何を思い浮かべますか? ホームページという方が多いと思います。 そうです、ホームページこそが活用次第で無限の可能性を秘める唯一無二のツールなのです。 ではホームページから案件を獲得するにはどうしたらいいでしょう? 答えは簡単でシンプルです。 「ホームページの集客力を増やす」そして 「ホームページを営業マンにすることで案件発生率を向上」 させることで、案件は必ず増加します。 インターネットを活用することで可能になったことは、 1対多、つまり「1人の人間が圧倒的に多くの客へ営業ができる」ことです。

▼”お知らせ”はダメ、セールスするページ

御社には社内に24時間365日働き続け、 圧倒的に賃金が安いのに不平不満なく100人でも 1000人でも的確に対応する営業マンはいますか? ホームページを営業マンにすればあなたの会社でも雇えます。 ホームページが営業マンとは「営業するホームページ」、つまりセールスをするホームページ と言えます。キレイなだけ、立ち上げただけ、お知らせを出しているホームページでは、 案件は増えないと断言できます。 営業マンがお客様のお宅へ訪問したとき、目を見て、顔を見て挨拶し、名刺を渡す。 お客様から直接お店など訪れる場合はどうでしょうか。 「いらっしゃいませ!ようこそ◯◯へ」とやはり挨拶から入るのではないでしょうか。 営業をして実際に受注したときに案内した「コトバ」を思いだしてください。 「当社は創業50年の地元密着で・・・・・・」 「当社の施工事例を是非ご覧ください。デザインと価格に・・・・・・」 「施工後も安心の10年保証を・・・・・・」など お客様の気になる点を、そして自社の強みを的確に営業マンが案内していたはずです。 会社案内や理念について、商品メニューに施工事例、保証やローンなど多岐にわたる 「情報」をお客様にお伝えしてなかったでしょうか? その「情報」が分かりやすいセールストークのように、 ホームページから情報が伝わるようにすることで、「ホームページを営業マン化」することが 可能です。 大切なことはホームページを営業マン化してから集客力を増やすというプロセスです。 インターネットで集客するにも時間とコストはかかります。 ですから、まずホームページを改善、それも熱い想いのある 経営者自身が真剣に取り組んでいただきたいと考えます。 次回からはより具体的に営業するホームページについてと、 集客力を増やす方法についてなど「実証した成功法」をお伝えしていきたいと思います。

 

▼最新情報はこちら

 

matome_ページ_01

無料エントリー&ダウンロード(社員10名以下の工務店・リフォーム会社経営者向け)